医療系の仕事で人の役に立つ~私の働き方~

看護師の仕事でより良い条件を選べる求人

基本的な知識

履歴書の書き方での注意点

求人数が多く人気のある看護師への就職を考えている方に、履歴書の書き方や面接において気を付けなければいけないポイントを説明します。看護師として働くためには求人情報を調べて面接を受けなければいけません。そして、面接の前に大切なポイントとして履歴書があります。履歴書は面接を行う前の第一次関門といえるもので、求人数の多い職場などでは、履歴書の書き方に問題があるだけで振り落とされることもあります。そのようなことにならないためにも、注意して履歴書を書かなければいけません。まず大切なのは履歴書に貼る写真です。できるだけ最近のものを使い、髪が長い場合は束ねる、ピアスなどは避けるなどが注意点です。次に気をつけるのが、資格についての記入です。たくさんの資格を持っている人はつい全部記したいと思うかもしれませんが、看護師の仕事に関係ないことは記入しないようにしてください。また、これから取得する予定のものは看護師の仕事に有効であるのなら記入しておいてください。

面接において大切なこと

看護師の求人での履歴書の書き方を説明しましたが、一番大切で大変なのが面接です。面接で必ずしておいて欲しいのが、練習をしっかりしておくということです。これは頭のなかでの練習ということではなく、実際の面接時間を考えて、短い時間で必要なことを話せるようにメモなども用意して、実践的な練習をしておいてください。身だしなみのことも注意してください。面接に長い時間をかけてくれることは少なく、第一印象が重要になってきます。服装や髪型、忘れがちな靴などのことについて面接が直前に迫ってからではなく、ある程度の余裕をもってそれらの準備をするようにして、問題がないか何度も確認して下さい。後は実際の面接で、練習したことを忘れないように対応できれば、良い結果を得られると思います。